インビザライン「プロバイダー制度」について

インビザライン「プロバイダー制度」

当院では、歴史のあるワイヤーとブラケットを使用した歯列矯正と、その後登場してきたマウスピース矯正の両方を知り尽くした、矯正専門の矯正医が、インビザラインによるマウスピース矯正を行います。

当院では、矯正専門の矯正歯科であることや、日本矯正歯科学会の認定医による治療が受けられるということ、裏側矯正が得意ということもあり、ワイヤーによる「裏側矯正」を希望される患者様が多くを占める中、マウスピース矯正を受けたいという患者様も増えてきております。

その理由として、マウスピース矯正は手軽なイメージはありますが、万が一、治療がうまくいかなかったときには、ワイヤーによる矯正装置による修正が必要になることもあるため、しっかりとワイヤー矯正に精通している矯正専門の歯科医院でマウスピース矯正を受けたいというケースが多いようです。

実際、日本矯正歯科学会でも、「アライナー型矯正装置による治療指針」を公開しており、その中でもこのことが記されています。

プラチナプロバイダー

当院では、ワイヤーによる裏側矯正がメインである中で、マウスピース矯正「インビザライン」の症例が増えてきており、「プラチナプロバイダー」として、アライン・テクノロジー社より認定された矯正歯科となっています。

このインビザラインプラチナプロバイダーは、51症例以上の場合に認定されます。

※この認定制度はインビザラインの治療実績に対して、アライン・テクノロジー社が一年毎に決定するインビザライン実績評価で、「プロバイダー」とは実績のランクとなっています。

インビザラインでは、10段階のランクが設定されています。

下から、ブロンズ、シルバー、ゴールドⅠ 、ゴールドⅡ 、プラチナ、プラチナエリート、ダイヤモンド、ブラックダイヤモンド、ブルーダイヤモンド、レッドダイヤモンドとなっています。

もちろん、数が多いだけが全てではないですし、矯正医の多い矯正歯科の方が数が多くなるため、あくまで一つの目安ではあります。