光学3Dカメラによる型どり

光学3Dカメラアイテロ(iTero)とは

マウスピースで矯正治療をすすめるにあたっては、事前に患者様の歯型を採取する必要があります。従来の方法では、シリコンやアルジネートなど呼ばれる粘土のようなものを口腔内に当てはめて歯型を採取していましたが、嘔吐反射による違和感や苦痛、時間がかかり、お子様や女性の方、また男性の方でも嘔吐反射の有る方には、シリコンによる型取りは異物が口に入る時間が長く、大変苦痛とストレスを感じられることもありました。

iTero(アイテロ)は、そのデメリットをも補った画期的な光学3Dカメラとなります。新しいデジタル技術によるiTeroのカメラを用いることで、短時間に立体スキャンを取ることができ、より正確でスピーディな型とりを採取出来るようになりました。